ひざ痛チャンネル編集部
2017-11-15

グルコサミンサプリメント7種の徹底比較&効果あるなしの真相に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グルコサミンサプリメント7種の徹底比較&効果あるなしの真相に迫る

膝が痛いからグルコサミンサプリメントに興味があるけど、種類がたくさんあって何を選べばいいか分からない。いったいどう違うの?

そんな疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか? そこで実際に7種類の売れ筋グルコサミンサプリメントを購入。一日の容量は? 飲みやすい? 値段は? 成分の違いは? 口コミでの評判は? などなど、ひざを治療するクリニックの医師、看護師、メディカルトレーナー、コンシェルジュで徹底比較しました!

最後は、医学的な見解からグルコサミンの効果の真相にも迫ります。

目次

グルコサミンとは

よくグルコサミンという言葉は聞くけれど、実際グルコサミンとは何なのか、知らない方も多いのではないでしょうか? まず始めに、グルコサミンが何なのかについて簡単に説明します。

グルコサミンとは何かの紹介イメージ

膝痛とグルコサミンサプリメントの関係

グルコサミンとはアミノ糖の一種。動物ではN-アセチルグルコサミンに変換されると、ヒアルロン酸などの成分となります。
そう、ヒアルロン酸は膝関節の中でクッションの役割を果たす存在。つまりN-アセチルグルコサミンは、膝の健康には深く関係する成分なのです。

グルコサミンの原料は?

グルコサミンサプリメントを見ると、多くは「エビ・カニ由来」などの表記があると思います。
なぜ、エビやカニ由来のものが多いのかと言うと、グルコサミンが甲殻類の外皮の主成分として多量に存在しているからです。
この点から、甲殻類アレルギーのある人は反応が出る可能性も考えられるので控えた方がいいかもしれませんね。

グルコサミンサプリメントに配合されることのある成分

グルコサミンサプリメントと言っても、ほとんどのメーカーはその他にも膝痛改善を期待する成分を一緒に配合しています。その代表的なものについてご説明しておきましょう。

グルコサミンサプリの配合成分(イメージ)

プロテオグリカン

糖タンパクの一種で皮膚や脳、軟骨の主成分としても存在しています。軟骨においては水分、II型コラーゲンに次いで多いのがプロテオグリカンです。3番目とは言え、保水力が高くクッションの役割を果たすなど、関節においては非常に重要な役割を担っています。

コンドロイチン

コンドロイチン硫酸はプロテオグリカンの一部分で、軟骨のクッション作用において大切な成分です。

コンドロイチン硫酸は2012年12月より注射液としても販売され、関節痛や腰痛症、肩関節周囲炎、感音性難聴、症候性神経痛に対して使用されることもあります。ただし一般的な総合病院で受けられることはほとんどないようです。

II型コラーゲン

体内のタンパク質のうち30%を占めるのがコラーゲン。関節にも関係が深く、骨だと50%以上、靭帯にいたっては90%以上がコラーゲンで構成されています。

ただ、コラーゲンにも複数種類があります。中でもII型コラーゲンは関節、軟骨に主に含まれている成分で、関節軟骨の成分の中で水分の次に多いのがII型コラーゲンです。

ヒアルロン酸

関節内を満たす関節液に含まれる成分。非常に高分子で、粘性と弾性が高く保水力に優れています。そのため関節内では関節の動きをよくしたり、衝撃を吸収し和らげてくれる役割があります。

 

7つの売れ筋グルコサミンサプリメントを比較

それでは、今回購入したグルコサミンサプリメントの調査内容をご紹介していきましょう。味や匂いなどは個人の主観ですので、人によって感じ方が異なる場合があるという点はあしからず。

1 オリヒロ/高濃度グルコサミン

グルコサミンアクティブ同様、機能性表示食品。「関節軟骨を維持する」という機能がうたわれています。精製したものを溶解し再結晶するという製法で不純物を取り除き、純度を高めたグルコサミンを使用している点が特徴のようです。

オリヒロ/高濃度グルコサミン

味や匂いなどの感想

白い錠剤に茶色い斑点が見られる錠剤で、何らかの調味料、もしくはふりかけの様な匂いがしました。瓶に入っているので、薬瓶の匂いも感じます。味に関しては、しょっぱいと感じたスタッフが複数いました。
粒の大きさは、今回比較したグルコサミンサプリメントの中で最小。飲み込みやすいのですが、その分1日に摂取目安は最多です。錠剤がコーティングされていないのか、手に粉が付きます。

1日の摂取目安/値段

摂取目安は1日10粒。
価格はオープン価格。360粒入り/36日分は平均2,000円前後。徳用の900粒入り/90日分は、平均3,000円前後。

原材料

ドロマイト、鮫軟骨抽出物、発酵コラーゲン分解物(ゼラチンを含む)、デキストリン、亜鉛含有酵母、鶏軟骨抽出物、大豆麦芽抽出物、グルコサミン(えび・かに由来)、結晶セルロース、グリセリン脂肪酸エステル、二酸化ケイ素、V.K、V.B6、V.B1、ヒアルロン酸、葉酸、V.D

10粒あたりの各成分含有量

グルコサミン1500mg、鮫軟骨抽出物(コンドロイチン含有)100mg、発酵コラーゲン分解物(豚由来)100mg、大豆麦芽抽出物6mg(大豆イソフラボンアグリコン1.6mg)、低分子ヒアルロン酸1mg、鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン含有)10mg

ネット上の口コミ

・コスパがいいと思います。

・飲み始めてからひざの動きが良くなってきたような気がしました。

 

2 サントリー/グルコサミンアクティブ

ホームページの情報によると、機能性表示食品の中では日本で初めて、膝関節の3つの機能性関与成分を組み合わせた商品という説明がありました。3つというのが、グルコサミン、コンドロイチン、ケルセチンです。ケルセチンとは、ポリフェノールの一種でビタミンPの一部。抗炎症作用や、抗酸化作用、抗動脈硬化作用、降圧作用などが報告されています。

サントリー/グルコサミンアクティブ

味や匂いなどの感想

クリーム色に近い錠剤です。匂いは、えびせんのような(ペットの餌のような?)感じで、口に入れると少ししょっぱさがあります。

パッケージにカニ、エビ、サメのイラストが描かれており、原材料が明確ですね。パッケージはプラスチックボトルで軽いつくりになっています。

1日の摂取目安/値段

摂取目安は1日6粒。
180粒入り/約30日分で4,500円(税抜)。360粒入り/約60日分は定価7,800円(税抜)。

原材料

サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・II型コラーゲン含有)/グルコサミン(カニ・エビ由来)、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、酵素処理ルチン、酸化ケイ素、光沢剤

6粒あたりの各成分含有量

グルコサミン塩酸塩1200mg、コンドロイチン硫酸60mg、ケルセチン配糖体45mg、II型コラーゲン45mg

ネット上の口コミ

・正直「少し高いかな~」とは思いますが、その分丁寧な製造がされています。錠剤の表面がコーティングされているので飲む時に喉に引っかかり感が感じられません。

・半信半疑で旦那さまと飲み始めてみましたが、最初は効果がよくわからず… 。けど飲み始めて一週間が経つ頃に、そういえば体の痛みがなくなってきたかも…と♪

 

3 サントリー/ロコモア

グルコサミンアクティブ同様、サントリーのサプリメント。グルコサミンやコンドロイチンなど膝関節に関係すると考えられている成分の他、イミダゾールペプチドという筋肉成分が同時に摂取できるという点を売りにしています。
イミダゾールペプチドとは、筋肉の中で作り出されるアミノ酸。泳ぎ続けるカツオやマグロ、渡り鳥など飛び続ける鳥類の筋肉に多く含まれているため、パワーの源となる物質と考えられています。

サントリー/ロコモア

味や匂いなどの感想

グルコサミンアクティブと同じくえびせんのような匂いがしますが、前者よりは弱い印象です。噛むと少ししょっぱいですが、口に入れて何秒かたっても嫌な味はしません。
錠剤の色は黄色っぽくまだら。ラベルは違いますが、容器はグルコサミンアクティブと同じく軽いプラスチックボトルです。錠剤の大きさもグルコサミンアクティブと同じくらいでした。

1日の摂取目安/値段

摂取目安は1日6粒。
180粒入り/約30日分は5,500円(税抜)。360粒入り/約60日分なら9,900円(税抜)。

原材料

サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・II型コラーゲン含有)、魚肉抽出粉末(イミダゾールペプチド含有)、デキストリン、サケ鼻軟骨抽出粉末(プロテオグリカン含有)/グルコサミン、セルロース、酵素処理ルチン、酸化ケイ素、ステアリン酸Ca、光沢剤、ビタミンD(一部にカニ・エビ・サケ・ゼラチンを含む)

6粒あたりの各成分含有量

グルコサミン1200mg、サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・II型コラーゲン含有)300mg、ケルセチン配糖体90mg、プロテオグリカン1000μg、イミダゾールペプチド10mg

ネット上の口コミ

・サントリーは少なくとも3か月は試してほしいと言っていたが、まだ3か月目なので、効果は実感できていない

・続けて三か月になりますが、適度な運動と相まって、自分に合っているような気がします。

 

4 アサヒ/ディアナチュラ グルコサミン With II型コラーゲン

グルコサミンに加え、Ⅱ型コラーゲンを含有する鶏軟骨のエキスが配合されたサプリメントです。

アサヒ/ディアナチュラ グルコサミン With II型コラーゲン

味や匂いなどの感想

匂いは比較的薄いですが、口に入れた瞬間に味を感じます。甘いような苦いような味がしました。
錠剤は白く光沢あり、コーディングされているような見た目ですが、手に少し粉が付きます。

1日の摂取目安/値段

1日摂取目安 6粒
180粒/30日分で、1,500円(税抜)。

原材料

還元パラチノース、II型コラーゲン含有鶏軟骨エキス末/グルコサミン(エビ•カニ由来)、セルロース、糊料(HPMC)、ステアリン酸Ca、フィチン酸

6粒あたりの各成分含有量

グルコサミン1500mg、鶏軟骨エキス末50mg(II型コラーゲン15mg含有)

ネット上の口コミ

・走る時ピキピキしていたのが2ヶ月くらいで膝の痛みがなくなった。

・なんとなく効いてる気がする。

・安価なので多少不安はあったが膝の痛みは悪化していない。

 

5 世田谷自然食品/グルコサミン+コンドロイチン

グルコサミンサプリと聞いて「ぐるぐるぐるぐるグルコサミン♪」のコマーシャルを思い浮かべる方も多いと思いますが、そのグルコサミンサプリです。7種類の成分が配合されていて、他にはあまり見かけない生姜が含まれている点も特徴的です。

 世田谷自然食品/グルコサミン+コンドロイチン

味や匂いなどの感想

ラムネのような匂いと、金魚の餌のような匂いのマリアージュ。錠剤は今回比較している7つの中で一番薄い形状でした。

1日の摂取目安/値段

摂取目安は1日10粒。
240粒/約30日分で、3,800円(税抜)。

原材料

サメの軟骨抽出(コンドロイチンがんゆう)、ショウガ末、鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン含有)、グルコサミン(カニ•エビ由来)、デキストリン、セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、糖転移ビタミンP、ヒアルロン酸、シェラック

8粒あたりの各成分含有量

グルコサミン1200mg、サメの軟骨抽出物(コンドロイチン20%含有)300mg

ネット上の口コミ

・錠剤が飲みやすい大きさで気に入っている。膝の痛みが気にならなくなりました。

・まだ傾向はありませんが、今後も飲み続けて治していきます。

・母親がまだ飲み続けたいと言っています。本人もいいと感じているようです。

 

6 小林製薬/グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸

商品名がとてもストレート。その名の通り、グルコサミンとコンドロイチンとヒアルロン酸の3成分を配合したサプリメントです。ホームページでは、立ち座りが気になる方におすすめされています。

小林製薬/グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸

味や匂いなどの感想

よくある錠剤(サプリメント)の匂いがします。コーティングがしっかりされているのか、口に含んでもしばらく味はしません。噛むとシュワっと苦味が広がります。
ファスナー付きパックタイプのパッケージで、持ち運びがしやすい印象です。

1日の摂取目安/値段

摂取目安は1日8粒。
240粒/約30日分で2,500円(税抜)。

原材料

サメ軟骨抽出粉物、デキストリン、粉末還元麦芽糖/グルコサミン(えび・かに由来)、結晶セルロース、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、シェラック、ヒアルロン酸

8粒あたりの各成分含有量

グルコサミン1500mg、コンドロイチン硫酸120mg、ヒアルロン酸5mg

ネット上の口コミ

・短期間で効果が出るものではない。知らず知らずのうちに効果が出てきた。

・製薬会社の商品で安心感がある。飲みやすく、苦味もない。

・気のせいか、膝の調子がいいようだ。

 

7 大正製薬/大正グルコサミン

純度99%以上のグルコサミンを吟味して配合しているというのが、このサプリメント。商品紹介によると、1粒あたりのグルコサミン配合率は約76%で、少量でたくさんのグルコサミン成分を摂取できるとのことでした。

大正製薬/大正グルコサミン

味や匂いなどの感想

他のものに比べ、匂いが薄い印象。噛むと食感はラムネのような感じでした。今回比較した中では一番白い錠剤です。横幅は小ぶりですが、少し厚みがあります。
1日分が1袋になっており、粒を数えなくていいところが楽ですね。持ち歩きの面にも配慮が見られます。

1日の摂取目安/値段

摂取目安は1日6粒。
6粒×30袋/約30日分で2,800円(税抜)。

原材料

グルコサミン(カニ・エビ由来)、ヒドロキシプロピルセルロース、結晶セルロース、CMC-Ca、微粒硫酸ケイ素、ステアリン酸Ca

6粒あたりの各成分含有量

グルコサミン1500mg

ネット上の口コミ

・1時間くらい歩いても膝が痛くなることがなくなりました。

 

グルコサミンサプリメント7種比較まとめ

  高濃度グルコサミン グルコサミンアクティブ ロコモア ディアナチュラ グルコサミン With II型コラーゲン グルコサミン+コンドロイチン グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸 大正グルコサミン
販売元 オリヒロ サントリー サントリー アサヒ 世田谷自然食品 小林製薬 大正製薬
摂取目安 10粒 6粒 6粒 6粒 10粒 8粒 6粒
成分含有量 グルコサミン1500mg
鮫軟骨抽出物(コンドロイチン含有)100mg
発酵コラーゲン分解物(豚由来)100mg
大豆麦芽抽出物6mg(大豆イソフラボンアグリコン1.6mg)
低分子ヒアルロン酸1mg
鶏軟骨抽出物(II型コラーゲン含有)10mg
グルコサミン塩酸塩1200mg
コンドロイチン硫酸60mg
ケルセチン配糖体45mg
II型コラーゲン45mg
グルコサミン1200mg
サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン・II型コラーゲン含有)300mg
ケルセチン配糖体90mg
プロテオグリカン1000μg
イミダゾールペプチド10mg
グルコサミン1500mg
鶏軟骨エキス末50mg(II型コラーゲン15mg含有)
グルコサミン1200mg
サメの軟骨抽出物(コンドロイチン20%含有)300mg
グルコサミン1500mg
コンドロイチン硫酸120mg
ヒアルロン酸5mg
グルコサミン1500mg
セールスポイント 機能性表示食品。
純度を高めたグルコサミンで1,500mgを補える
機能性表示食品のうち、日本で初めてグルコサミン、コンドロイチン、ケルセチンの機能性関与成分を組み合わせた商品。 筋肉成分も同時に摂取可能。 国内工場生産で無香料・無着色・保存料無添加。 グルコサミンとコンドロイチンに加え、7種類もの素材をたっぷりと配合。 純度98%のグルコサミンで1,500mgを補える。
さらに2種の成分も摂取可能。
純度99%以上のグルコサミンを1粒あたり約76%配合しているので、少量でたくさん摂取できる。
値段 360粒入り/平均2,000円前後
900粒入り/平均3,000円前後
180粒入り/4,500円(税抜)
360粒入り/7,800円(税抜)
180粒入り/5,500円(税抜)
360粒入り/9,900円(税抜)
180粒/1,500円(税抜) 240粒/3,800円(税抜) 240粒/2,500円(税抜) 6粒×30袋/2,800円(税抜)
錠剤の特徴 7つの中では最小。
ふりかけのような匂いと薬瓶臭
しょっぱい印象。
えびせんのような匂い。
少ししょっぱさ有り。
匂いは弱め。
口にいれ数秒たっても嫌な味はしない。
手に取ると少し粉っぽい。
口に入れた瞬間に味がする。
7つの中では一番薄い。
ラムネと金魚のえさのような匂い。
口に含んでもしばらく味はしない。 匂いが弱め。
横幅は小ぶりだが、厚みがある。

グルコサミンサプリメントの効果の真相は?

成分説明で気づいた人もいるかもしれませんが、グルコサミンはN-アセチルグルコサミンに変換されなければ軟骨成分の材料になりません。また、コンドロイチンも腸管での吸収効率が悪い傾向にあります。さらに、II型コラーゲンやヒアルロン酸は経口摂取しても分解して吸収されるため体内でその成分が増えるわけでなく、医学的にも効果の証明はなされていません。

グルコサミンサプリの効果の真相

「変形性膝関節症への効果はなし」という論文も

グルコサミンの効果については、医学的にも様々な検証が行われていますが、偽薬(膝に作用するとウソの情報を与えて飲んでもらう)と比べても優位性はないという論文が印象に残ります。

例えば、変形性膝関節症ではない407人の女性を対象に行ったランダム比較試験。2.5年の追跡調査で、グルコサミンから変形性膝関節症の予防効果は得られなかったという発表が2012年、アメリカのリウマチ学会で発表されています。膝の痛みに関するものでは、最大の痛みが10、痛みのない状態を0とする痛みスケールで数値化した調査で、グルコサミンを摂取のグループが偽薬グループより0.4改善したという報告があります。ただこちらも「臨床的に意味があるほどの効果はない」と結論づけられていました。

【出典】
「Wandel S, et al. Effects of glucosamine, chondroitin, or placebo in patients with osteoarthritis of hip or knee: network meta-analysis.」 BMJ. 2010

 

効果を感じるのはプラセボ効果?

では、なぜ効果があったと感じる人がいるのでしょうか? それはプラセボ効果(プラシーボ効果)なのかもしれません。
プラセボ効果とは、本来効果のない成分で作った薬を効果がある薬物と言われて飲むことにより、効果が出ること。心理的効果と考えられおり、思い込みで自然治癒力が上がることがあるようです。前出の調査で偽薬グループと比較しているのも、このプラセボ効果に比べ効果があるかどうかを検証するためというわけです。

膝痛の人のグルコサミンサプリメントとの付き合い方

一度思い込んでしまえば、それが偽物とわかった後でも効果が持続することもアメリカの研究結果でわかっています。効果があると脳が一度判断すれば、それが持続するわけですね。また、ポルトガルとアメリカの研究チームの発表によると、そもそも偽薬と分かっていて、偽薬でもプラセボ効果が得られる場合があることを知って飲んだケースでも効果があったと言います。腰痛に対する結果ですが、膝痛でも同様のことが起こる可能性は十分あります。

2017年7月に発表されたオランダのエラスムス大学やイギリスのノッティンガム大学などの医師たちが過去6件の研究を分析したものの中には、プラセボの方が高い効果が得られたという結果のランダム化比較試験もあったとのこと。ですので、すでにグルコサミンサプリメントを飲んでいる人も、これから飲む人も、効果があると信じて飲み続けるのも、一つの手段かもしれません。ただ、サプリメントとは言え副作用がまったく報告されていないわけではないので、その点は留意ください。

【出典】
「Open-label placebo treatment in chronic low back pain: a randomized controlled trial.」Pain.2016
「Subgroup analyses of the effectiveness of oral glucosamine for knee and hip osteoarthritis: a systematic review and individual patient data meta-analysis from the OA trail bank.」BMJ.2017

 

※注意
今回比較のため、錠剤を噛んでみたり口に含んで時間をおいてみたりしていますが、本来は噛まずに飲み込むものですので真似をしないでくださいね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*