ひざ痛チャンネル編集部
2017-09-05

【膝の水たまり】重要なのは原因を知って正しく治療すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【膝の水たまり】重要なのは原因を知って正しく治療すること

膝に水がたまっている。良く耳にするフレーズではないでしょうか。「関節水腫」と呼ばれる状態ですが、皆さん、なぜ膝に水がたまるのか説明できますか? その『水』ってどんなものか知っていますか?? 意外に知らない方も多いんじゃないでしょうか。

かくいう私も、医療の仕事に就くまできちんと理解していませんでした。

今まさに膝に水がたまっていると診断を受けた方、もしかして膝に水がたまっている?? と不安になっている方、この記事は必見です。

 

膝に水がたまると現れる症状

膝に水がたまったときに見られる症状

膝に水がたまる「関節水腫」では、どんな症状が出るのでしょうか。

 

膝が腫れる

膝に水がたまっている場合、膝のお皿の上(ゆとりがあるため、たまりやすい箇所)が大きく腫れることが多いです。

 

膝が痛む

特に階段を上る際や膝をねじる動作のときに痛みを感じます。また、突然激痛が走ることもあります。

 

膝が熱を持つ

膝が真っ赤に腫れ上がり、熱を持つことがあります。また、膝部分だけでなく風邪のように微熱が出ることも少なくありません。

 

膝のぶよぶよ

腫れた膝の膝蓋骨(お皿の部分)を軽く押してみましょう。膝関節に水がたまっている場合、ぶよぶよする感触があるはずです。

膝に水がたまったときの診断方法

片方の手で膝のお皿をおさえて膝下方向に圧迫し、もう片方の手で膝を触ってみる

膝に水がたまるのはなぜ?

膝にたまる水。この水って何なのでしょう。また、なぜ水がたまるのでしょうか。

 

膝の水の正体

膝にたまる水は関節滑液

膝関節は、太ももの骨とすねの骨をつないでいる箇所です。この膝関節を包んでいる袋(関節包)の中に存在している液体を関節滑液と言います。一般的に関節液と呼ばれているこの滑液は、関節をスムーズに動かす重要な役割を担っており、いわば潤滑油のようなもの。実は、この滑液こそが膝にたまった水の正体なのです。つまり、人間だれしも膝に水は存在しています。水がたまる、というのは、何らかの原因で滑液が増えすぎてしまった状態のことなんです。

 

膝に水がたまる仕組み

古い滑液は自然にリンパ管の中へと吸収され、関節包の中の滑液の量は一定に保たれます。これが健康な人の膝です。ところがあまりに滑液が分泌されると、吸収が追いつかなくなり、関節包にたまっていきます。

この現象が起こるのは、膝関節が炎症を起こしているとき。主に膝関節内のすり減った骨がはがれ落ち、関節包の壁である滑膜を刺激することで炎症が起こります。滑液はこの滑膜から分泌されているのですが、炎症した滑膜は正常に機能することができません。この影響で滑液が過剰に分泌され、関節に水がたまるのです。

 

膝の水たまりを引き起こす炎症の原因

膝関節に炎症を起こす原因は何があるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

 

膝関節の病気

膝関節に炎症をもたらす原因として最も多いのが、関節の病気です。一体どんな病気で炎症が起きるのでしょうか。

 

変形性膝関節症

膝関節にある二つの骨の表面は、軟骨という組織で覆われています。軟骨は膝に加わる衝撃を和らげる、クッション機能が一番の役割です。

変形性膝関節症は軟骨がすり減ってしまい(外傷又は加齢などによって)、骨と骨とが直接ぶつかり合ってしまうために炎症が起こってしまう症状を指します。

 

関節リウマチ

関節リウマチとは自己免疫疾患のひとつ。身体に入ってきた悪い細菌やウイルスをやっつけるはずの免疫細胞が異常をきたし、誤って自分の細胞や関節を攻撃して炎症を起こす病気です。

過労やストレス、喫煙がきっかけと考えられていますが、現在のところはっきりとした原因は分かっていません。

 

関節ねずみ

可愛らしいネーミングですが、症状はちっとも可愛くありません。

膝関節に大きな負担がかかり続けると、クッションの役割をしていた軟骨が欠けてしまうことがあります。欠けた軟骨が膝関節内をうようよと、まるでねずみのように動き回るのです。そして、このさまよう軟骨が膝関節の組織を傷つけてしまうため、炎症が起こります。

 

痛風

痛風と言えば、足の指が痛くなるイメージですが、膝関節に痛みが出ることもあります。

痛風は体内の尿酸(プリン体が分解された後に産出される物質です)が過剰になった際に起こる病気です。血液に溜まった尿酸はナトリウムとくっつき、結晶となり関節組織にたまっていきます。この結晶自体は、もともとあってはいけないもの、つまり身体にとっては異物です。よって白血球が退治に乗り出します。その際に炎症性の物質を出すため、関節に炎症が発生するのです。

 

偽痛風

痛風の原因とは異なり、ピロリン酸カルシウムの結晶が沈着して関節炎となるのが、偽痛風。ピロリン酸カルシウムが関節部分にたくさん存在するかどうかが、結晶や沈着につながります。

ただ、偽痛風の原因ははっきりとは分かっていません。高齢者に多いことから、加齢が危険因子とはされていますが、他にも遺伝や腎機能障害、半月板手術などが関係するとも考えられています。

 

激しい運動や怪我

歩いたり、走ったり、跳んだり、と運動する際は膝を大いに使います。だからこそ怪我もしやすいのです。特に運動不足の方が急に膝を酷使すると、炎症を起こす可能性が高まります。膝を支える筋力が弱まっているのも原因のひとつです。

また、交通事故や転倒で強く膝を打ってしまい、炎症を起こすケースも少なくありません。

 

膝に水がたまったときの治療法

膝に水がたまったときの治療法

いざ膝に水がたまってしまったとき、どんな治療法が効果的なんでしょうか。

 

膝の水を抜く

膝関節に水がたまっているから腫れが起き、痛みがあるわけです。ひとまず水を抜いてしまうのも、ひとつの治療法と言えます。一般的な注射器を使って水を抜き取ります。すると、腫れも引き、圧迫されていた血流が元に戻るため、ある程度痛みも治まります。しかし、ただ水を抜けば完治、というわけでないことを忘れてはいけません。水は膝の炎症を抑えるためにたまっていたわけですから、炎症を治す根本的治療が必要なのです。

 

膝の水を抜くとクセになる?

水を抜くとクセになる、といった話も良く耳にするのではないでしょうか。

確かに水を一気に抜いてしまえば一旦楽にはなるでしょう。しかし、水を抜いただけでは大元の炎症を抑えることはできないため、再び水がたまる可能性は高いです。すると再度水を抜かなくてはならず、繰り返してしまいます。これが「クセになる」と思われている原因です。水を抜くこと自体にリスクはありません。

膝の水は滑液であり、身体に悪いものではありません。炎症が治まれば水もたまらなくなります。よって無理に抜きとるより、炎症を起こしている膝の治療を行う方が良いと考える医者もいるのです。

 

薬による治療

繰り返しになりますが、膝に水がたまっているのは膝関節に炎症が起こっているからです。なによりもまず、この炎症を抑えましょう。関節リウマチや痛風であれば内服薬で炎症を抑えられます。

外傷性による膝関節の炎症であれば、効果的なのが注射による薬物治療です。

鎮痛効果と炎症を抑える強い効果を持つステロイド剤が有効です。しかしながら副作用として、感染症を引き起こしたり、繰り返し使用すると逆に膝関節を痛めてしまったりするリスクも考えられます。薬物治療を進めても効果があまり現れない場合は、手術による治療を考えても良いかもしれません。

 

手術による治療

薬物治療で症状が治まらない場合、膝関節の変形や破損が激しいと考えられます。原因を取り除く手術が必要になってくるでしょう。

現在、主流であるのが関節鏡(内視鏡)手術です。膝に数か所の小さな穴を開けて、そこから細い関節鏡や手術器具を挿入します。モニターを通して手術を行うものです。関節ねずみの原因である軟骨のかけらや、変形性膝関節症で欠けた骨の破片を取り除くことができます。

膝を大きく切開しないため、身体への負担が小さいところが特長と言えるでしょう。

 

脂肪幹細胞を使用した再生医療

現在、注目を浴びている新治療法です。まだ保険適用になっていない先進医療ですが、様々な効果が期待されています。特に炎症の具合が重症の方で、薬物治療などの効果が低い方には知って頂きたい治療法です。

具体的には、自身の脂肪組織の中にある幹細胞という名の細胞を取り出して(主に太ももやお腹から)、培養し膝関節に注入します。特筆すべきは、この幹細胞には抗炎症や疼痛抑制の作用が認められているのです。さらに、入院は必要なく、施行後歩いて帰ることができます。

 

膝の再生医療について、詳しく知りたい方はこちらから!
今すぐ無料でダウンロード!PDF『よくわかる ひざ再生医療』

 

膝に水がたまったときの対処法

膝に水がたまったときの対処法

膝に水がたまったときに、自分で簡単にできる対処法をご紹介します。あくまで、自分で出来る範囲での対処法です。必ずその後、病院で受診をしてください。

 

クーリング(アイシング)

炎症を抑えるには冷やすのが有効。まずは、保冷剤(アイスノンなど)や氷嚢(ひょうのう)で冷やしてみましょう。

 

湿布

「冷やすために冷湿布を」を説明しているサイトを見受けます。でも実は冷湿布、ヒヤッとはしますが、炎症を冷やす効果まではさほど期待できません。ただ、消炎鎮痛の目的では効果的です。

また、何枚も貼ると接触性皮膚炎などのリスクが懸念されます。患部に1枚で十分なので、貼り過ぎにご注意ください。

 

サポーター

サポーターの着用も効果的です。サポーターで膝を固定することで、関節にかかる負担を軽減することができます。よって、痛みや炎症を抑えることが可能です。

しかし、膝が熱を持っていて痛みが強いとき、サポーターは控えましょう。関節内で強い炎症が起こっていることが考えられ、無理に固定することで症状が悪化する可能性があります。そのときは、まず氷嚢(ひょうのう)などで冷却しましょう。

 

マッサージ

マッサージをすることで血液循環が良くなり、痛みの軽減が期待できます。ただし、痛む膝を直接マッサージするのは止めましょう。悪化の原因になります。効果的なのは、太ももを優しく揉むようにするマッサージです。

 

放置

実はこれ、絶対的にダメというわけではありません。もちろん、放置し続けたらダメです! しかし、素人判断で間違った処置を行ってしまうより、安静を保ちつつ病院へ行く方が結果的に良かったりすることもあります。

 

膝に水がたまったときの病院の選びかた

膝に水がたまったときに行く病院の選び方

膝に水がたまった際には、どのような病院を選んで受診すれば良いのでしょうか。

 

ポイント① 整形外科がある病院

膝の治療を行う専門の科、整形外科がある病院を必ず選びましょう。整骨院でもいいのでは、と思う方がいるかもしれません。しかし、整骨院では検査・投薬は行えません。まずはレントゲン検査などが行える整形外科を受診して自身の病状を知りましょう。

 

ポイント② 膝の専門医がいる病院

整形外科医にも得意な分野があります。そのため、膝の治療を専門的に行っている病院を選ぶといいでしょう。もしくは膝の治療経験が多い病院であれば、より良い治療を受けることができるはずです。

 

ポイント③ 自宅から近い病院

上記を踏まえたうえで、自宅から近い病院の選択をおすすめします。膝に水がたまっている場合、定期的な受診が必要になります。膝の痛みを抱えて、遠い病院へ頻繁に通えるでしょうか。なかなか難しいですよね。家から近ければ、急な症状が出た際にもすぐに受診が可能ですし、一回にかかる通院の負担も少ないのです。

 

膝の水たまりは、まず受診

膝に水がたまる原因、症状、治療法をご紹介してきました。今のあなたにとって、少しでも参考になれば幸いです。膝に水がたまるのは、そこに異常が潜んでいるなによりの証拠。あなたの膝の症状に当てはまるものはありましたか?一つでもあったのなら、まずなにより病院での受診をお勧めします。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アバター イメージ 庄田能成 からのコメント

    膝に、水が、溜まる前なので。改善方法を、教えて。欲しいです。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      膝に水が溜まりやすいということでしょうか?
      膝に水が溜まる原因により改善方法が変わってきます。
      気になるようでしたら、一度整形外科を受診して相談されることをおすすめします。

  2. アバター イメージ 塚原 隆之 からのコメント

    日曜日にフットサルをしてその夜から膝に水が溜まってます。熱はなく、膝を曲げたりすると圧迫され曲げるのがきついです。朝よりも夜の方が溜まっている気がします。これは受診したほうがよいのでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からの返答をお伝えさせていただきます。
      ——-
      それはお辛いし、不安ですよね。
      おっしゃる通り、まずは一度、整形外科への受診をおすすめいたします。

  3. アバター イメージ 森山誠 からのコメント

    おはようございます。
    昨晩、空手の練習が終了してから息子の膝がぶよぶよしています。
    通常の動きでは痛みや、動きの制限はない様子ですが練習をすると少し痛みがあるとのことです。
    昨晩から腫れは軽快も悪化もありません。
    何か良い対処法があればご教授いただけませんでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのお返事をお伝えさせていただきます。
      —–
      息子さまのこと、心配ですよね。
      オーバーユースが原因なのであれば、読んでくださったこちらの記事の対処法を参考にしていただければと思います。
      ご心配であれば、早めに整形外科の受診をお勧めします。
      お大事にして下さい。

  4. アバター イメージ 清水麻衣子 からのコメント

    母の膝に水が溜まり、とある病院で抜いて頂きました。が次の日に、以前よりも腫れてぷよぷよしています。
    袋のようなものをとらない限り、抜いても繰返しなると言われたようですが・・・
    骨には異常ないとの診断でした。
    もうこのままにしておくべきでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのお返事をお伝えいたします。
      —–
      実際に診察していないので断定はできませんが、内容を読むと、おそらくベーカー嚢腫という、水がたまった風船ができているのだと思います。
      根本的には手術になりますので、注射を繰り返すようでしたら、整形外科受診をオススメします。

  5. アバター イメージ ともこ からのコメント

    1週間前に整形外科で水を抜きましたが、4日後にまた同じ膝の別のところに水が溜まりました。1週間あけないと抜けないということで、明日予定しています。マラソンをしているので、練習を再開したいのですが、できるようになりますか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのお返事をお伝えいたします。
      —–
      痛みの記載がなかったのですが、痛みはいかがでしょうか?
      またMRIを行い、確定診断は出ていますか?
      まだでしたら、整形外科で診断を出すことをおすすめします。
      それによって、適切な治療法も変わってくることがあります。
      実際に診察していないので断定はできませんが、お話からは半月板が傷んでいる印象です。
      水がたまる状況はよい状態ではないですから、練習できないのはお辛いでしょうが、
      マラソンのようなハードワークは控えるべきだと考えます。

  6. アバター イメージ もこち からのコメント

    はじめまして。
    2週間前に息子(中1)が急に膝が痛くなり、ちかくの整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらったらオスグッドでした。2.3日様子を見てサポーター付けてならサッカーして大丈夫と言われたのでしたらまた何日後かに激痛。1度目よりひどい感じでした。いいと勧められた整骨院に急遽行ったら、見て触診するとオスグッドもそうだけど水が溜まってると言われました。素人でもわかりやすく詳しく見せて説明して下さりました。まずは水が溜まってる事を先に解決しましょうとの事で、膝の炎症を取る治療を今しています。お陰様で痛みも腫れもマシになり、ブヨブヨした膝もマシになってきました。が、整形外科2週間後の再診察で(整骨院に通ってるとは言わず)なんか水が溜まってる様な感じで…と伝えると、ほとんど見もせず「水なんて溜まってないし、こんな子どもで膝に水なんか溜まったら大変な事だよ!」と怒られてしまいました。
    実際少しはマシにはなってるから、水も溜まってないと言われたのか、でも触るとブヨブヨが完全になくなってるわけでもありません。
    このまま整骨院にかようのが、通いつつもう一度セカンドオピニオンで違う整形外科に行った方がいいのか悩んでいます。
    分かりにくい文章ですみません。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——
      たしかに、小児で膝関節内に水が溜まるという事は少ないですね。
      ただ、実際に膝のどこが腫れているかは診てみないと分かりません。
      整骨院は医師ではありませんので、サッカーをして悪化したのであれば再度整形外科を受診してどのような状態なのか確認してもらい、今後どうしたらよいか相談すべきだったのでしょう。
      前回きつくたしなめられたとのことで相談しづらいようでしたら、病院を変えてでも、まずは整形外科で診断してもらう必要があります。

  7. アバター イメージ 玉木勇司 からのコメント

    膝に、水が、たまるので、一週間に、一回整形外科で、抜いて二か月になります。痛みは、それ程でもないですが
    正座すると痛くて出来ません。薬は、最初の一か月位は湿布と、、痛み止めでしたが、今は、塗る痛みのみです
    水は、抜いても、直ぐに溜まります。違う整形外科に、診てもらったらほうが、いいですか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      お話お伺いしました。
      診察してみないと何とも言えませんが、いただいたコメントからでは変形性膝関節症を疑います。
      軽微な軟骨損傷ならば少しづつ時間経過と共に改善し、また日常生活ができるようになると思いますが、痛みが変わらない、もしくは悪化することがあれば、次のステップとして手術も考慮する場合もあります。
      手術方法は軟骨の損傷度合いや年齢によって異なります。経過を見ながら、状態によって他の病院の受診を考えてもよいでしょう。

  8. アバター イメージ じゅん からのコメント

    はじめまして。膝に水が溜まる事がよくあり、1年半に一回くらい水を抜いてます。今回は膝が腫れ、あまり痛みは無かったので湿布を貼ったりロキソニンを飲んでいたら腫れがひきました。しかし膝の腫れが引いたのはいいが、かわりにフクラハギが痛むようになったので心配です。かれこれ1週間この様な状態が続いてます。膝からフクラハギに移ったのは菌だからなんですかね?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      お話お伺いしました。
      診察してみないと何とも言えませんが、いただいたコメントの内容からでは変形性膝関節症を疑います。
      軽微な損傷ならば、痛み止めやヒアルロン酸の注射で、少しづつ時間経過と共に症状が改善することもありますが、また再発する可能性もありますので注意が必要です。
      ふくらはぎの痛みは筋肉からくるような印象です。膝をかばっていたため負担がかかったことも想像できます。
      菌による感染は命に関わるような重症ですから、コメントを拝見する限りではそのような状況は考えにくいと思います。
      いずれにせよ痛みが変わらない場合は、整形外科の受診をお勧めします。

  9. アバター イメージ あず からのコメント

    今日整形に行き水が溜まってるねって言われました。初めて水が溜まるってことでこれがその痛みなのかとおもいましたが、いざ水を抜いてもらうと血液が濁ってるって言われました。普通は黄色っぽいにごりですよね?私は血液だったんで後日MRをしようとの事でした。レントゲンは私今8カ月の妊婦なんでやめたほうがいいとの事っMRなら産婦人科の先生の許可が下りれば大丈夫のことだったんでしてもらおうと思ってます。痛みが酷く
    痛み止めの注射膝の中に入れてもらった炎症どめの薬をしてもらいましたが、未だ痛みはとれません。痛みは無くなるんですかね?血液とかたまるもんなんですかね?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      関節内には関節液が溜まりますが、血液が引けることもあります。
      関節液の状態により、変形性膝関節症以外の病態が考えられることもあります。
      しっかり検査をして適した治療を行うことで痛みが軽減するといいですね。

      • アバター イメージ あず からのコメント

        ありがとうございます。痛みはとれましたが曲げることが出来ず膝に違和感があります。MRで検査をしてわかりますかね?何せ人生初めてのことなんで!

  10. アバター イメージ かず からのコメント

    はじめまして。
    膝に圧迫感があり正座が痛くてかれこれ1ヶ月が経ちます。
    膝の裏側に少し腫れがあり若干熱もあります。
    だましだましランニングをしているせいもあって治らないのかもと思っていましたが、
    今日5時間立ちっぱなしだったところ、正座どころかしゃがむのも難しくなりました。
    家に帰りストレッチしたりして
    多少はやわらぎましたが怖くなってやはり病院に行った方がよいと思いましたが土曜日で行けず。今までにないほど膝回りが腫れている感じがしたのでこれは水が溜まっているということでしょうか?膝の裏側も水が溜まったりしますか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      膝の裏側には通常水はたまりません。
      もし膝裏が腫れていると感じる時は、筋肉や腱の強張りの可能性、もしくは嚢腫(水風船のような良性の腫瘤が膝裏に出来ることがあります)の可能性が考えられます。
      土日の夜間外来はどの病院もスタッフは少ないでしょうから、平日で早めの受診をお勧めします。

      • アバター イメージ かず からのコメント

        整形外科に行ってきたところ、変形性膝関節症と言われ水も溜まってるとのことで抜いてヒアルロン酸注射をされました。軟骨がだいぶすり減ってるとのことでマラソンは今後止めた方がいいと言われました。48歳という年齢的に考えてもやはり止めるしかないのでしょうか?
        走らない日々は考えられず、ストレスが溜まってしまいます。何かよい方法はありませんか?
        ちなみに先生は自転車とか水泳なら大丈夫と言われましたが、私はどちらも嫌いなスポーツで。アドバイスあったら、お願い致します。

        • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

          走りたいのに走れないのは辛いですね。
          ランニングは走り方にもよりますが、膝への負荷が3~10倍と言われています。
          なるべくなら水中歩行が一番良いですが、走りたのであれば、膝に負担のかかりにくい走り方が重要になりますので、スポーツ整形などでアドバイスを受けて見られてはいかがでしょうか?

  11. アバター イメージ 木幡ミヤ子 からのコメント

    こんにちは、去年の10月から、
    膝に痛みがあり整形外科に
    行き、レントゲンを撮り
    軟骨が減っているとのことで
    ヒアルロン酸の注射を1週間に
    1回、合わせて5回しました。
    痛みが和らいで来て、良くなったと
    勘違いしてしまい
    ランニングして膝に負担を
    掛けてしまい膝がパンパンに
    腫れてしまい寝ていても痛くて
    目が覚めてしまうくらいでした。
    次の日から、2週間に1度の水抜きの
    治療が始まりましたが、2月から
    3ヶ月たちましたが、未だに痛くて
    正座したりしゃがんだり出来ません。
    病院を変えた方がいいですか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      行われている治療は、病院を変えても開業医ならばどこもだいたい同じ内容です。
      もし現状で全く改善が見られない場合は、日常生活動作で膝にかかる負担を変えるか、治療法を変えた方がいいかもしれません。
      負担の問題は通勤形態の変更、下肢のトレーニング、体重コントロールなどが理想的です。
      治療法の変更としては、手術の説明を聞いて考えてみる、もしくは再生医療を検討してみる、などがあげられます。

  12. アバター イメージ 山本建 からのコメント

    こんにちは
    痛みは全くないのですが膝の皿の下に皿と同じ位の大きさの膨らみが出来てぶよぶよしてます。
    膝がだるい程度の違和感なんですが水がたまってるのでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      水が溜まっている他、滑液包炎や脂肪腫などの軟部腫瘍の可能性もありますので、気になるようであれば受診をお勧めします。

  13. アバター イメージ はる からのコメント

    はじめまして。中学3年生の娘ですが、右膝が痛いと言い、特に伸ばす時に痛いとの事でした。膝も腫れぼったく水が溜まっている感じでした。整形外科を受診し、レントゲン、MRIを撮っていただきましたが特に異常は見当たりませんでした。痛みが出て一か月が経ちますが、まだ膝の腫れぼったさはとれません。最初よりはお皿の形が分かる感じですが、先生はまだ少し溜まっていてすっきりしないね。との事でした。痛みはだいぶ良くなり、完全ではありませんが伸びる状態になりました。状態は少しずつ快方に向かっているようですが、この年齢で少し治りが遅いと言われました。運動などは苦手で特にしていません。水が溜まっている原因は何なのでしょうか?原因が分からない為不安です。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      痛みが生じたのは外傷歴があったのでしょうか? もし、ひねったりスポーツをしてから痛くなったのなら、半月板損傷や靭帯損傷を疑います。
      いただいたコメントではMRIは問題なかったとのことですが、問題なく痛みが残存したり、水が溜まることは考えにくいと思います。
      MRIの診断率は100%ではないので、診断をつける目的で関節鏡手術を行うこともあります。その必要性については、申し訳ありませんが、いただいた情報だけですとはっきり言及できません。
      今後も改善が遅いようでしたら、MRIを持参の上でセカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか。

  14. アバター イメージ まり からのコメント

    はじめまして
    私は10代の時から膠原病という病気で
    関節痛はいつもつきまとっていたのですが最近は特に膝が痛むようになり段差は特に痛みが強く階段などが苦痛です。
    1週間前から右足の膝に違和感を感じるようになり今週の火曜日ぐらいから膝のお皿のところから膝の上あたりがぶよぶよしてきて
    痛みもあったので今週の木曜日に整形外科を受診しました。
    レントゲンと採血をとったけど異常ないみたいで触診で少したまっているけどそのままでも大丈夫だけど痛かったら抜いてもいいよ。
    と言われて結局ぬいてもらいましたがその日の夜にはたまってしまいました。
    みずをぬいてすぐにたまるものですか?
    炎症によって起こるとのことですがステロイドも服用しているので炎症は抑えられていると思うのですが…。
    最初に行った整形外科ではあまり先生が話しを聞いてくれないのでほかの整形外科に変えた方がいいでしょいか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      お話を伺う限りですと、外傷によってではなく、膠原病による膝関節炎で水が溜まったような印象を受けます。
      ステロイドを服用していても炎症が完全に抑えられないこともあります。炎症が落ち着くまでは関節液が繰り返し溜まる場合もあります。
      相談しにくいようであれば、他の整形外科を受診してもいいかと思います。
      またもともとかかっている膠原病の先生(内科でしょうか?)のご意見もうかがうのはいかがでしょうか?

      • アバター イメージ まり からのコメント

        お返事ありがとうございます。
        今週の火曜日に違う整形外科を受診しました。先生によると膝をぶつけたとか膝で歩いたとか原因となることないかきかれたけれど
        思い当たることがなくレントゲンも骨に異常はなかったので原因不明な感じでした。
        結局水を抜き圧迫しているほうがたまりにくいと言うので圧迫して帰りました。
        けどやはりすぐ水がたまってしまいました。
        膝の水の色が血の色で赤いのですが大丈夫なのでしょうか?

  15. アバター イメージ 稲垣 和子 からのコメント

    初めまして。少し長くなりますが、経過と今後の相談をしたいと思います。
    2018年1月に左膝の裏側にふくらみがあり痛みはなかったが、整形外科受診。レントゲンの結果、変形性膝関節症の診断、ヒアロイン酸注射、痛み・炎症どめの薬と湿布薬処方及びリハビリ(低周波・足エアマッサージ・足を持ち上げるトレーニング)開始。
    一度膝の水を抜く。
    その後、強い痛みはないが、炎症があるとのことで2週間おきにヒアロイン酸注射とリハビリ。
    2月に入ると左下肢が肥大。浮腫み防止のため、防已黄耆湯をプラス。
    3月になっても、浮腫みは治らず、血管外科に行くことになる。
    血管外科で血管伸展性検査、CT撮影、エコー断層診断を実施。結果は足の付け根に若干の静脈の流れに問題はあるが特に異常なし。ただ膝に水がみられている。処置、薬はなし。
    その後また、整形で1週間おきにヒアロイン酸注射とリハビリを始める(膝上の鈍痛あり)。
    6月にはいると膝の裏側に凸状のものができる。
    先生は、今度はMRIが必要と紹介状を持たされている。

    普段、痛みがないときはストレッチ、ウォーキング、片足立ち等を行い筋肉をつけることと減量に努めている。
    歩くのに支障はないが、もうヒアロイン酸注射は20回以上しているが、裏側のツッパリ、鈍痛などの改善はないので病院を変えてみようかと思っている。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      レントゲンではわからないことがMRIではわかりますので、MRIが必要で紹介状をもらっているのであれば、MRIを撮影し紹介先へ受診してみる事をお勧めします。膝裏にはベーカー膿腫という良性の水がたまる袋ができやすいので、その確認も可能かもしれません。

  16. アバター イメージ 荒木英明 からのコメント

    6月7日 踏切内で左足肉離れになり、松葉杖を病院から借りて一か月し肉離れの痛みは取れましたが、でも27日目のころから左足膝に20CC水が溜まっているから膝がブヨブヨに腫れてる箇所から水抜かれ、一か月後に来なさい。と言われて 両ひざには8か月ちかくヒアルロン酸注射を続けています。7月7日膝の水を抜き、5日くらい3Mのサポーターをはめて溜まらないようにしたつもりが水抜いて5日ぐらいで前と一緒くらい腫れています。又、右膝も座れないようになり少し水が溜まってるように思えます。ふくらはぎも足の甲療法 むくんでいるようです。むくみは腎臓内科に見せた方がいいでしょうか?指で押して1分弱で元に戻る時間がかかります。6月7日サポーターをはめて痛みと腫れが出ないように、サポーターはめてましたが16日外してふくらはぎを見たら、水虫のようにサポーターで縛っている箇所が皮膚ボロボロと破けます。昨夜からサポーターは外していますが如何でしょうか? 両ひざの水が引いて欲しい一念です。どうしたらいいでしょうか?踏切内で肉離れをしなければ膝の裏の筋も痛めることはなく水も溜まらなかったと思いますが、自転車で踏切入ったら学生が3人私を追い越しざまにに左に寄ってきたから踏切の枕木と砂利のところに倒れ自転車のタイヤはレールに挟まり、前からは小型トラックが私のそばまで近づいてきたので更に左寄り、踏切内の左端から自転車のサドルから腰が離れ、枕木と砂利の間に倒れこんで 電車が来たらひかれたら死んでしまうと一瞬考え ハンドルと自転車車体を持ち上げながらタイヤがレールに挟まれてましたが、火事場の場か時からで踏切から出ました。その時は既に 左足肉離れで激痛がはしり、翌日病院で見せて松葉杖を約3週間使用しシルバーセンターさんに食事の用意弁当等頼むようになりました。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      ①むくみは腎臓内科に見せたほうがいいでしょうか?
      →下肢が浮腫む原因も様々ですので、腎臓内科を受診できるようであれば、まずそちらの先生に相談してみてください。
      ②水虫のようにサポーターで縛っている箇所が皮膚ボロボロと破けます。昨夜からサポーターは外していますが如何でしょうか? 
      →サポーターを1日前に外したとしても、皮膚症状は遅れて出現することもあります。
      また、軟膏類を塗布している場合はそれが剥がれてくる場合もありますが、皮膚の剥離であればサポーターの着用を止めた上で改善がなければ、皮膚科受診をお勧めします。
      ③両ひざの水が引いて欲しい一念です。どうしたらいいでしょうか?
      →1ヵ月後でなくとも、早めの受診で良いと思いますので、通院している整形外科の先生に相談されるのが良いと思います。必要な処置をしてくれると思いますよ。

  17. アバター イメージ ゆっこ からのコメント

    はじめまして。
    二週間ほど前、転倒して左膝に打撲と裂傷を負いました。
    翌日、打撲が酷かったので整形外科を受診しました。レントゲンを撮り骨には異常無く、怪我の治療と破傷風予防の注射を射ち、抗生剤とロキソニンを処方されました。
    一週間が経ち、膝を曲げると痛かったのですが階段も普通に降りれるくらいに回復して来ました。
    それから間もなく膝が腫れだし、つっぱり感やふくらはぎがやたらと浮腫むようになりました。腫れを触るとぶよぶよしていて、水が溜まってるかもしれないと思い、再診日に医師に相談しました。
    医師は揉むように触診してこの程度なら水を抜かなくても大丈夫と言われ、特に水に対する処置も無く終わりました。
    その後すぐ連休に入り、膝をあまり使わないようにしていたら少し腫れが退いてきてつっぱり感もなくなったので、膝を普通に使い始めたのですが、昨日からまた腫れだしました。
    前回と違うのは膝に負担が続くと痛みが出るということです。
    これでも水を抜かないでいて大丈夫なのでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      水は抜かなくても膝の状態が改善してくれば自然に水も引けてきます。ただ、負荷を続けると
      水はたまったままということもあり得ます。
      水が溜まっていることでお辛いようであれば再度相談されてもいいと思いますが、悪化しているのでなければしばらく様子をみることは悪くはないと思います。

  18. アバター イメージ 昆布 からのコメント

    毎日ウォーキングをしてたのが、突然右膝に水が溜まり歩けなくなりました。何時も行ってる整形外科の先生は、レントゲンを撮り骨には異常なく少し時間がかかるよと言われて、毎日電気かけに通ってます。痛いので、痛み止めの薬を出してもらってますが、このまま杖をつく生活になってしまうのかと不安になります。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      大鶴医師からのコメントをお伝えいたします。
      ——-
      痛みがあると不安ですよね。
      水が溜まっているのであれば、安静にすることで軽快に向かうこともありますが、何か月も持続するようでしたらMRI検査を受けてみてもいいかもしれません。
      毎日ウォーキングをしていたのですね。変形性膝関節症の診断は受けましたでしょうか?
      変形性膝関節症の場合は歩きすぎると膝への負担になりますので、軽快したとしても1日5000歩ほどを目途にしておいたほうが、膝には良いですよ。

  19. アバター イメージ こなつのママ からのコメント

    初めまして。二週間位前から膝が痛くて受診したところ水がたまっていてその後二回水を抜きましたが中々腫れも改善せずMRIも撮りました。特にどうあるとは言わずに手術する事もできると言われました。セカンドオピニオンを受診した方がいいでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      尾辻医師からのコメントをお伝えいたします。
      —–
      治療を選択するにあたり、今後のためにも何が原因で痛みが出て、手術でどのような治療が出来るのか、しっかり理解したほうが良いです。
      もう一度同じ先生に、前回よくわからなかった事をお伝えして、しっかり説明してもらうか、難しいようであればセカンドオピニオンで、「説明がよくわからなかったのでセカンドオピニオンに来た」という旨を伝えて受けられることをお勧めします。

  20. アバター イメージ 田中 三貴恵 からのコメント

    2か月前に左ひざのお皿の下部分に大きなぷよぷよのこぶのような腫れがあります。痛くはありません。整形外科を受診してレントゲンをとりましたが異常はなく、様子をみてくださいと言われました。1か月たってもよくならずだるい感じがして再度受診し、注射器で水を抜きました。が、3日ほどでまた水が溜まり元に戻ってしまい、また1か月がたとうとしています。ほっておいてよいのでしょうか?

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      尾辻医師からのお返事、お伝えいたします。
      ——
      お膝の水が引き切らない事は、関節内に炎症が残存している場合がほとんどです。水が溜まっていても曲げ伸ばしの制限が起きたり、日常生活での支障がなければ、自然経過で水が吸収されることを待っても良いかもしれません。しかし、現在何か支障が出ているのであれば、もう一度かかりつけの整形外科を受診され、相談されてみては如何でしょうか。

      • アバター イメージ 田中 からのコメント

        ありがとうございました。曲げ伸ばしの支障や痛みはないですが。突っ張り感はやはりあります。再受診してみます。ちなみに水が吸収されるには個人差はあると思いますが、長い場合でどのくらいの期間を要するのでしょうか、参考までに教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

        • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

          尾辻医師からのお返事になります。
          ——
          炎症が収まらなければ水も引きませんので、長い方は何年もお膝に水が溜まったまま生活している人もいらっしゃいます。
          困っていないので、水を抜かずに長い期間様子をみる方もいらっしゃいます。
          動いた後など、腫れ感が強くなるようであればアイシングを試みたり、下肢を降ろした状態のまま生活すると腫れも引きにくいので、椅子に長時間座らないようにしたり、寝ているときに膝から足まで全体を薄い毛布や座布団などに乗せて頂いて挙上することでも腫れは軽減すると思いますよ。
          お大事になさってください。

  21. アバター イメージ みゆ からのコメント

    初めまして、宜しくお願いします。 先月に3回膝の上辺が腫れ病院で水が溜まっていると言われ痛くはなかったので水は抜きませんでした。その後腫れも治りましたが、また今月膝上と膝下が腫れてしまいました。今回も痛くはありませんが正座や膝を曲げると突っ張った感覚になります。最近繰り返し起きるので、MRIの検査をした方が良いのでしょうか。今後また水が溜まってしまう時は、水を抜くようにした方が良いでしょうか。この先ずっと水が溜まる膝になってしまうのではないかと心配です。手術は避けたいです。

    • アバター イメージ ひざ痛チャンネル編集部 からのコメント

      こんにちは。
      服部医師からのお返事をお伝えいたします。
      ——
      水が溜まったきっかけはありましたでしょうか?
      水が溜まっていると、膝を曲げた時にツッパリ感を感じるかたも多いです。
      今後も繰り返し、心配なようであればMRI撮影での診断をお勧めします。
      炎症が収まれば、自然と水も治まりますので、お辛くないようでしたら抜かなくても大丈夫ですよ。
      お大事にしてください。

Leave a Reply to ひざ痛チャンネル編集部 Cancel reply

*

PDF 無料ダウンロード