治療・手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治療・手術

自分の膝の痛みや違和感にはどんな方法がベストなのか、知りたいことはそれに尽きますよね。ただ、いま受けている治療法が合っているかどうかを調べたい人もいれば、自分の疾患や症状にどんな治療法があるかがまず分からないという、いろんな「知りたい!」があるでしょう。

そこで、ひざ痛チャンネルでは、膝の治療や手術に関して整形外科医やメディカルトレーナーが発信するおすすめ情報を、治療法別と疾患別でご紹介。「ヒアルロン酸注射後はこれをやってはいけなかった」「人工膝関節置換術のリスクはこう回避できる」「半月板損傷や靭帯損傷の手術適応はこうやって判断される」などなど、リアルな内容をお届けします。

治療・手術別に記事を見る

ヒアルロン酸注射

「膝治療と言えばヒアルロン酸注射」と言っても過言ではないほど、受けている人も多い治療法です。ですが、正しい知識を持っている人は意外と少ないかも? ヒアルロン酸注射で治療することの目的や効果、デメリットについても、治療を受けるのであれば事前に知っておいた方が良いでしょう。

人工膝関節置換術

変形性膝関節症などの関節炎が進行してしまった場合、手術での治療適応となります。膝の手術の中でも最終手段と言えるのが、関節を人工のインプラントに置き換える人工膝関節置換術です。どんな手術なのか、リスクはあるのか、費用や入院期間はどれくらいなのかなど、この手術を受けるならすべてに納得してから。そのための情報がこちらになります。

PRP治療

保険適応外の治療法ながら、テレビで紹介されることも多くなり、最近何かと話題を集めているPRP治療。ヤンキースの田中投手やエンゼルスの大谷投手など、スポーツ選手のニュースが目立ちますが、実は変形性膝関節症にも有益な効果が認められています。「聞いたことはあるけど、どんな治療法か知らないな〜」という人は、こういった記事を読んでおくと選択肢が広がりますよ。

けがや病気別に記事を見る

変形性膝関節症の治療

軟骨のすり減りが進行することで、炎症による膝痛や膝関節の変形が生じる膝の病気。それが、およそ2400万人もの日本人が患っていると言われる、変形性膝関節症です。運動療法やヒアルロン酸注射といった保存療法が第一選択ですが、最終的には人工膝関節置換術を行うのが標準治療。医療技術の進歩が目覚ましい昨今は、再生医療による治療法も注目されています。
自身やご家族の寝たきり予防のためにも、正しい治療や手術の知識をおさえておきましょう。

半月板損傷の治療

膝のロッキング現象や水たまりなどの症状が特徴的な半月板損傷。診断されたら手術での治療をイメージされるかもしれませんが、第一選択は保存療法。手術で半月板を切除してしまうと、膝関節のクッション的機能が弱まるため、変形性膝関節症のリスクが高まってしまうのです。
とは言え、手術するかしないかは、半月板のダメージの程度の他、その位置にも関係します。あなたの半月板損傷はどれに当てはまるのか、詳しく記事をチェックしてみてください。

膝のけがの治療

半月板損傷以外にも、十字靭帯や内側側副靭帯といった膝の靭帯損傷や、膝蓋骨の骨折や脱臼など、膝のけがは様々。ご自分が負った膝のけがにはどんな治療がよしとされているのか、気になりますよね。
病院での治療法から自分でできる対処法まで、まずは代表的な膝のけがについて専門家がまとめた記事をピックアップしたのでご覧ください。

治療・手術に関する新着情報

ひざ痛チャンネルでは、その他にも膝のけがや病気に関する治療や手術をたくさん発信しています。「この治療で大丈夫なの?」「手術後の入院やリハビリはどのくらいかかるの?」などなど、みなさんが気になる情報が入手可能です。

PDF 無料ダウンロード