変形性膝関節症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変形性膝関節症

厚生労働省の発表によると、変形性膝関節症を患っている日本人は、レントゲン検査で診断を受けているだけでも約2400万人いると言われています。しかし、診断を受けていないため、実は変形性膝関節症ということが後々わかるような、隠れ患者が多いのもこの膝の病気の特徴です。そして、気づいたときには進行してしまっているということも……。

ただ、変形性膝関節症は自分自身で予防や進行を防ぐことが可能です。大切なのは、次の2点。
・変形性膝関節症の原因を知ること
・症状や膝の状態に合った治療を受けること

ここでは、そのために必要な情報をまとめました。変形性膝関節症の予防や治療に役立つ知識を身につけておくことは、健康寿命を保ち、寝たきり予防にもつながります。

目的別に記事を見る

変形性膝関節症の症状

「この症状って、もしかして変形性膝関節症?」まずそこが気になるという方は、こちらの記事をご覧ください。変形性膝関節症と言っても、症状は膝の痛みだけではありません。痛みがないからといって、油断は禁物。変形性膝関節症の進行を食い止めるためにも、気になる症状の原因や適切な対処法を、今すぐチェックしておきましょう!

変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の特徴は、原因がひとつに限定できないという点。様々な要因が重なり合っているのです。それらは、大きく2つに分類されています。
【一次性の変形性膝関節症】肥満や加齢、筋力低下など、関係性が明確ではないもの。
【二次性の変形性膝関節症】病気やけがなどの影響。靭帯損傷や半月板損傷、関節リウマチなど。
さらに細かく言えば、日常の何気ない仕草にも、変形性膝関節症の原因は潜んでいます。どんなことが原因となるのか 知りたい人は、これらの記事がおすすめです。

変形性膝関節症の予防法

進行性の病気である変形性膝関節症は、予備軍や初期での予防が重要。ひざ痛チャンネルでは、食事から体操やトレーニングなどの運動の方法まで、動画も交えて分かりやすく解説しています。
変形性膝関節症が進行している人も、さらに悪化させないためにぜひご覧ください。今日からできることや、続けるためのポイントも必見です!

変形性膝関節症の治療

運動療法やヒアルロン酸注射などの保存療法から、膝にメスを入れる手術療法まで、変形性膝関節症の治療は様々。ただ、最初にもお話したように、治療のポイントは膝の状態に合った方法を選ぶことです。医師の判断によるところも大きいですが、どんな治療法があるのか、効かない場合はどんな原因が考えられるのか、知っておいた方が良い情報はたくさんあります。
効果的な治療を受けるためにも読んでいただきたい記事を、いくつかピックアップしておきましょう。

変形性膝関節症の手術

変形性膝関節症の手術は、次のようなケースで検討されます。ひとつは、ヒアルロン酸注射などの保存療法を6ヵ月以上行っても改善が見られない場合。もうひとつは、レントゲン検査でグレード3以上に進行している場合です。
とは言え、そのすべてが人工関節というわけではありません。では、どんな手術があるのか、費用や入院期間はどれくらいか。手術という選択肢を検討する上でも、必要な情報です。

変形性膝関節症の最新治療

ヒアルロン酸注射や人工膝関節置換術などは保険適応で受けられますが、そればかりが変形性膝関節症の治療法ではありません。自由診療ではありますが、再生医療などの最新治療も病院で受けられるようになっているのです。
もし、手術を勧められているけど決心がつかないという人がいるなら、必要なのは治療法の選択肢なのだと思います。そのための情報がここにあります。

変形性膝関節症に関する新着情報

変形性膝関節症の方やそのご家族に向けたお役立ち情報は、ご紹介したおすすめ記事の他にも、随時公開していきます。変形性膝関節症に関する新しい情報をお求めの方は、こちらの新着記事をご覧ください。

PDF 無料ダウンロード