【監修ドクター紹介】荒木 健太郎

東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長

基幹病院と地域医療の双方に携わった経験から、初期、急性期、さらにその後の慢性期の関節治療まで、幅広い見識を持つ。常に心がけるのは「患者ファースト」。いかなる時も患者さん目線でチームを束ねる、医師歴20年の頼れる存在。
再生医療分野を極めたいという科学者としての好奇心と、自由度の高い診療でもっと患者さんの役に立ちたいという臨床家としての情熱が後押しとなり、当グループへの参加を決意した。

 

経歴

2001年 三重大学医学部卒業/同医学部整形外科入局
2001年 三重県立草の実リハビリテーションセンター(研修医)
2001年 三重県立総合医療センター(研修医)
2003年 三重大学医学部整形外科
2004年 市立伊勢総合病院 整形外科
2008年 松阪市民病院 整形外科
2009年 堀江クリニック
2011年 あらおと整形クリニック 院長
2020年 東京ひざ関節症クリニック銀座院 院長

 

資格

医学博士
日本整形外科学会認定 リウマチ医
日本整形外科学会認定 運動器リハビリテーション医
日本整形外科学会認定 スポーツ医
日本医師会認定 健康スポーツ医
義肢装具等適合判定医
身体障害者福祉法指定医
肥満予防健康管理士

 

所属学会

日本整形外科学会
日本運動器科学会
日本肥満予防健康協会
日本東洋医学会