【監修ドクター紹介】大鶴 任彦

大宮ひざ関節症クリニックの大鶴任彦院長

大宮ひざ関節症クリニック 院長

大学病院や総合病院で20年にわたり、下肢関節を専門として外来や手術に従事してきた整形外科専門医。臨床以外に、学会活動や学術論文の執筆にも精力的で、医学の進展のため、これまでに80件以上の有益な情報を世に発表した実績を持つ。
関節治療に関する様々な経験の中で手術のリスクも痛感し、低侵襲に痛みやQOLの改善が期待できる再生医療の世界に入る。現在も前職の東京女子医科大学整形外科において非常勤講師を務めている。

 

経歴

1998年 東京女子医科大学 整形外科 研修医
1999年 伊勢崎佐波医師会病院 整形外科 医師
2000年 東名厚木病院 整形外科 医師
2000年 勝田台病院 整形外科 医師
2001年 博慈会記念総合病院 整形外科 医師
2002年 東京女子医科大学 麻酔科・救命救急センター 助教
2003年 東大和病院 整形外科 医師
2005年 東京女子医科大学 整形外科 助教
2018年 東京女子医科大学 整形外科 准講師
2018年 大宮ひざ関節症クリニック 院長、東京女子医科大学 整形外科 非常勤講師

 

資格

医学博士
日本股関節学会学術評議員
日本整形外科学会認定 専門医
身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
厚生労働省認定臨床研修指導医

 

所属学会

日本整形外科学会
日本股関節学会
日本再生医療学会