膝の水

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝が腫れていて軽く押すとぶよぶよしている、膝裏にしこりのようなものを感じる……。こういった場合、膝に水がたまっている可能性が考えられます。
膝の水とは、関節内を満たす液体のこと。血漿(血液に含まれる液体成分)にヒアルロン酸やタンパク質がまざりったもので、強い粘性が特徴です。この粘性によって、関節が動くときの滑りを良くし、膝軟骨の摩擦を軽減しています。しかし、老化に伴い関節液に含まれるヒアルロン酸は徐々に減少。すると粘性も弱まり、軟骨の摩擦は大きくなっていくことに。摩擦による軟骨のすり減りが進行すると、その影響で滑膜(かつまく:関節を覆う組織の内側の膜)が炎症し、変形性膝関節症による膝の痛みも生じます。さらに、関節液は滑膜で作られているのですが、炎症によってこの機能が正常に働かなくなるため、過剰分泌された関節液が膝にたまってしまうのです。
もちろん、変形性膝関節症だけでなく、半月板損傷や靭帯損傷など、スポーツや事故によるけがで滑膜に炎症が起こった際にも、膝の水たまりという症状は見られます。対処法や治療法など、さらに詳しく知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

ひざ痛チャンネル編集部
2017-10-11

膝裏が痛い原因と対処法を医師が解説 〜実際の質問への返答も公開〜

膝裏が痛い原因と対処法を医師が解説 〜実際の質問への返答も公開〜

以前から膝裏が痛む。でも、特に対処せず痛みを我慢して過ごしている。そんな方、いませんか? 膝の裏には様々な組織が集中しています。そこが痛むということは、靭帯や筋肉などに異常が発生し…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部
2017-09-05

【膝に水がたまる病気一覧】医師が教える自覚症状や家でできる対処法とは?

【膝に水がたまる病気一覧】医師が教える自覚症状や家でできる対処法とは?

「膝に水がたまっている」とは、よく耳にするフレーズではないでしょうか。これは関節水腫(かんせつすいしゅ)と呼ばれる症状ですが、なぜ起きるのか、もっと言うと「水」の正体が何なのか、ご…

続きを読む >>

ひざ関節症クリニック 運営クリニック情報

ひざの痛み専門無料でんわ相談

ひざ関節症クリニック

運営クリニック情報

ひざの痛み専門無料でんわ相談

フリーコール 0120013712