腫れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝の腫れには、いくつか原因が考えられます。まずは、打撲による内出血で腫れているケース。この場合、安静にしていれば腫れも1〜2週間ほどでひいていくでしょう。また、膝の裏が全体的に腫れている場合、リンパの流れが滞っている可能性が考えられます。温めたりマッサージをして、循環を良くするよう努めれば改善が期待できます。
しかし、しこりのようなぽっこりした腫れや、ぶよぶよとした膝の腫れには注意が必要です。このようなケースでは、膝に水がたまっているかもしれません。膝に水がたまるのは、関節内での炎症が原因です。変形性膝関節症や関節リウマチなどの疾患による関節炎や、関節内にばい菌が入り込んで起こる化膿性関節炎などが考えられます。
この他にも、様々な疾患で膝の腫れが症状として現れます。どんな疾患か、何が原因か、治療法などなど、関連する記事をこちらにまとめたので参考にしてみてください。

ひざ痛チャンネル編集部
2017-09-05

【膝に水がたまる】重要なのは原因を知って正しく治療すること

【膝に水がたまる】重要なのは原因を知って正しく治療すること

「膝に水がたまっている」とは、よく耳にするフレーズではないでしょうか。これは関節水腫(かんせつすいしゅ)と呼ばれるものですが、なぜ起きるのか、もっと言うと「水」の正体が何なのか、ご…

続きを読む >>