前十字靭帯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝関節の深部で、大腿骨と脛骨をつなぎ止めて安定させている2本の十字靭帯。そのうち、脛骨が大腿骨よりも前に外れてしまわないよう、また膝を捻った際にその方向に移動しすぎないよう制御しているのが、前十字靭帯です。しかし、前十字靭帯を損傷、もしくは断裂してしまうと、その制御が利かなくなり、膝の安定性が失われてしまいます。
前十字靭帯は、他の靭帯と異なり、他との接触による衝撃で起こることは稀です。ほとんどは、急な方向転換や停止など、負傷者が単独で動いた際にダメージを負います。また、急性期(受傷直後)には痛みや腫れなどが見られますが、しばらくするとその症状も落ち着くのが特徴。それゆえに放置してしまったり、受診が遅くなったりケースもありますが、前十字靭帯が自然治癒で完全に修復することはほぼ見込めません。そのため、放置したり、適切に治療を受けられなかったりすると、膝への負担が大きくなり、変形性膝関節症のリスクが高まることにもなります。
前十字靭帯の役割や他の疾患との関係、手術方法など、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

ひざ痛チャンネル編集部
2018-08-24

「カクカク膝崩れ」手術したのになぜ?原因と対応を、医師はこう考える

「カクカク膝崩れ」手術したのになぜ?原因と対応を、医師はこう考える

起立時や歩行時にガクガク、カクカクと膝の力が抜けることはありませんか? スポーツや事故などで膝の靭帯を損傷した人に現れやすいのがこの症状、通称「膝崩れ」です。放っておいていいのかな…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部
2018-03-09

膝の捻挫をあなどるな!しっかり治してクセづけないための知識

膝の捻挫をあなどるな!しっかり治してクセづけないための知識

膝が痛いけど、これって捻挫? 捻った、強打したなどの心当たりがある人は捻挫と思うかもしれませんが、そういった衝撃に覚えがない人は捻挫だと確信が持てずに不安だったりするのではないでし…

続きを読む >>