装具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常動作で生じる膝の痛みは、膝痛を抱える人の悩みの種。特に変形性膝関節症という疾患では、歩行時や階段昇降時に痛みが現れやすくなります。痛みのせいで、動くことへの恐怖感が生まれてしまうことも少なくありません。そうならないようにすることを一つの目的として、道具を膝につける装具療法が行われることがあります。これは、変形性膝関節症の治療方針や効果を示すガイドラインでも推奨されており「薬物療法のみの治療と比べて、装具も使用した場合、痛みの改善に有意な効果があった」とする報告も。つまり、装具を上手く活用することで、痛みの緩和、さらには身体を動かすことへの恐怖感を緩和することを目指しているとも言えるのです。また、靭帯損傷や骨折といった膝のケガを治療するため、装具が用いられることもあります。
サポーターなどの軟性装具や医療用のニーブレースなど、装具には様々な種類があり、膝の状況や生活スタイルなどに応じて使い分けられます。具体的な種類や役割など、装具に関することは以下の記事をチェックしてみてください。

ひざ痛チャンネル編集部
2018-07-26

変形性膝関節症でも自力で歩く!痛みを緩和する装具の選び方

変形性膝関節症でも自力で歩く!痛みを緩和する装具の選び方

変形性膝関節症の装具選びで迷っていませんか? 膝の痛みから歩くことが怖いと感じており、少しでも緩和できればと装具を探しているのではないでしょうか。そんな方に知ってほしい情報をまとめ…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部
2018-02-16

変形性膝関節症のサポーター選び、意識すべきポイントはここ

変形性膝関節症のサポーター選び、意識すべきポイントはここ

変形性膝関節症でサポーターが欲しいけど、薬局やドラッグストアにはたくさんあってどれがいいか分からない。買って使ってみたけど、あまり膝の痛みが軽減されない。そんなお悩みはありませんか…

続きを読む >>