整形外科専門医が教える
ひざ痛チャンネルとは

ひざの痛みにお悩みの人へ、役立つ情報をお届けしたいとつくられたのが、整形外科専門医が教える、ひざ痛チャンネルです。タイトル通り、整形外科専門医を中心に、看護師やメディカルトレーナーといった、ひざの診療を専門とするクリニックスタッフが、知識や経験から情報提供しています。
関節の痛みの中でも、膝関節は全身を支え、生活行動に大きく関わっている部位でもあります。そのため、膝関節に痛みが生じると、生きる上での活動自体に影響を及ぼしかねません。実際に、そういったお悩みで来院される方もたくさんいらっしゃいます。
そんな方に少しでも参考になる情報をと、当メディアでは「痛みの原因」「症状・違和感」「サポーター・テーピング」「食事・サプリメント」「ストレッチ・トレーニング」「変形性膝関節症」「治療・手術」といった7つのカテゴリーをご用意。膝の痛みの基礎知識や気になるセルフケア方法、病院で行われる治療から、膝疾患の分野で注目されている最新治療の情報まで、医学に基づく情報を100記事以上で発信しています。

情報提供ドクターについてはこちら

情報カテゴリー紹介

膝の痛みの原因

膝の痛みの原因

膝の痛みと言っても、関節内の痛みなのか、関節外の痛みなのかによって、その原因は大きく異なります。また、病気によるものなのか、事故やけがによるものなのかでも、当然違ってきます。さらに掘り下げれば、けがの中でも、あるアクションがきっかけで起こった外傷なのか、負担が蓄積して起こった障害なのか、病気ではなんの病気か、その病気の中でも危険因子として原因にあげられるものは様々です。つまり、膝の痛みを解消しようと思うなら、自分の痛みの原因がなんであるかを知らなければ適切な治療はできません。だからこそ、整形外科ではまず、検査や診察の情報をもとに診断を行うのです。
ただ、何が原因か分からない状態では不安が募ります。病院に行くかどうかを考える上でも、目安としてどんな原因が考えられるか知りたいという人は多いでしょう。痛みを感じているなら病院の受診をおすすめしますが、不安緩和や安心材料として記事を活用いただけるかと思います。

  • 膝関節の外側の痛み

    膝関節外には、筋肉や靭帯、腱などの軟部組織が存在します。つまり、これらが痛みの原因になっていると考えられるのです。また、痛みが生じている位置が膝の内側なのか、膝裏なのか、はたまたお皿の下なのかなどによっても、どの組織が原因となっているかが変わってきます。この膝関節外の痛みの場合、オーバーユースや外傷など、膝周辺の軟部組織へ負荷が集中したため起こることがほとんどです。

  • 膝関節の内側の痛み

    一方、膝関節内となると、骨や関節軟骨、半月板、靭帯や関節を覆う関節包内側の滑膜という軟部組織などが、痛みと関係。半月板損傷や十字靭帯損傷など、外傷によって痛みが生じることもありますが、変形性膝関節症や関節リウマチ、偽痛風など、病気が根本的な原因となっているケースも。特に変形性膝関節症は加齢による衰えとも関係が深く、高齢者の多くがこの疾患により膝に痛みを抱えています。

膝の痛みの原因に関するおすすめ記事

膝の痛みの原因についての記事をもっと見る

膝の症状・違和感

膝の症状・違和感

病院を受診される方のほとんどは、痛みや腫れといった感覚や視覚的に明らかな異常を自分で認識しています。ただ、膝のトラブルで起こり得るのは、そういった明確な症状だけではありません。
例えば、こわばり。同じ姿勢を長時間とった後に動き出そうとすると、膝関節が固まったように感じて動かしにくいという違和感です。他にも、動き始めに少し痛む、スターティングペインという症状も特徴的。どちらも、動いていれば動かしづらさや痛みが気にならなくなるので、大事ととらえずに放置される方も多いかもしれません。実際、ひざ痛チャンネルが行ったWebアンケート(膝に痛みを感じている112名の男女に実施)でも、病院を受診していない人に理由を質問したところ「病院に行くほどの症状とは思わないから」という回答が8割以上を占めていました。
しかし、そういった違和感が、大きな疾患のサインとなっていることも考えられます。その最たる例が、変形性膝関節症です。この膝の病気は進行性のものなので、最初はこわばりや階段がつらいといった違和感レベルでも、放置すると症状はどんどん悪化して、最終的には歩けないほどの痛みとなることも少なくありません。そのため、膝の症状にはよく注意を払い、気になるようであれば違和感レベルであっても、整形外科を一度受診して診断を受けることをおすすめします。その参考に、こちらの記事をご覧ください。

膝の症状・違和感に関するおすすめ記事

膝の症状・違和感についての記事をもっと見る

膝のサポーター・テーピング

膝のサポーター・テーピング

膝の代表的な疾患である変形性膝関節症や靭帯損傷などで起こり得る症状として、膝の不安定感というものがあります。歩行の際に片足に体重をのせた状態のとき、膝がくずれたり、左右にブレたりするあの感覚です。痛みを伴っているケースも少なくないでしょう。こういった症状に、膝のテーピングやサポーターが有効。固定することで膝関節にかかる負荷を軽減、さらに安定性が生まれるため、痛みの緩和が期待できるのです。
ただ、膝の痛みや不安定感を起こしている原因によって、使用するサポーターやテーピングは違ってきます。テーピングに至っては、巻き方も重要になります。そのため、症状緩和にこれらの対処法を取り入れる際はただ巻けばいいというわけではなく、医師や理学療法士に相談の上、適切な種類を選び、正しい方法で行うことが重要です。その相談の前知識として、このカテゴリーの記事をご提案します。

  • サポーターに期待できる効果

    1つ目は、圧迫による痛みの緩和。サポーターの着用で、触圧覚という、触れられた際に生じる感覚が刺激されます。この感覚は痛覚より早く脳に伝わるため、痛みが軽くなったように感じるのです。2つ目は、膝の安定による痛みの緩和。先述の通り、膝崩れを固定することで、関節への負担および痛みの軽減が期待できます。そして3つ目は、保温。慢性的な膝の痛みは、血行不良で悪化します。つまり、保温用サポーターで冷えを防ぐことも目的の1つというわけです。

  • テーピングの種類

    テーピングには、皮膚の保護目的で事前に巻いておくアンダーラップテープから、伸縮性と固定力が特徴のエラスティックテープ、筋肉の活動のサポートを目的としたキネシオテープなど、様々あります。そのため、膝の状態やどういうシーンで使用するかなどを加味して選択。膝への負担を軽減することでの痛みの緩和や、けがの予防が目的です。当院でも、リハビリ時の荷重ストレスの軽減や、膝の安定性を高めるためにキネシオテープを使用することがあります。

膝のサポーター・テーピングに関するおすすめ記事

膝のサポーター・テーピングについての記事をもっと見る

膝のための食事・サプリメント

膝のための食事・サプリメント

膝の健康を保つため、食事はとても重要な意味を持ちます。それは、痛みの予防と痛みの緩和、両方の意味で言うことができるでしょう。その理由のひとつが、膝関節への負担と体重の関係。膝には、立っているだけでも体重の2.5倍、階段の上り下りでは3.2〜3.5倍の負荷がかかると言われているため、肥満は膝の大敵。体重管理の上で、膝の痛みと食事は密接につながっています。また、膝まわりの筋肉には膝関節に負荷が集中しないようにサポートする働きが。つまり、その筋肉量が関係するため、筋肉に結びつくようなバランスの取れた食事内容が大切なのです。アボカドやさくらんぼなど、食材の成分に鎮痛作用が期待できるという報告もありますが、基本的には身体の調子を整えて膝の健康につなげることが、食事の目的と言えます。
サプリメントについては、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンなど、関節軟骨に欠かせない成分を摂取できるとして、取り入れている人も多いかもしれません。ただ、医学的に見ると、軟骨が再生するなどの明らかな効果は確認されていません。ではなぜ、サプリメントを飲んで膝の痛みが軽減したと感じるのかと言うと、それはプラセボ効果(偽薬の投与ながら、効き目のある薬と思い込むことで改善効果が見られる現象)と言われています。
こういった膝にやさしい食事やサプリメントの基礎知識や医学的な見解について、もっと詳しく知りたいという方に、こちらの記事をおすすめします。

膝のための食事・サプリメントに関するおすすめ記事

膝のための食事・サプリメントの記事をもっと見る

膝痛のストレッチ・トレーニング

膝痛のストレッチ・トレーニング

膝のトレーニングと言っても、膝関節に筋肉はほとんどありません。鍛えるべきは、膝関節周辺の筋肉です。太ももの大腿四頭筋やハムストリングス、ふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋、O脚にも関係する股関節まわりの内転筋群や臀筋群などなど、膝関節に負担が集中しないよう、これらの筋肉がサポートしています。つまり、筋肉が衰えれば膝関節への負担は増加しますが、筋トレや体操などで筋力維持に努めていれば膝の痛みの緩和が期待できます。
また、筋肉は日頃から使用していないと硬くなり、その伸縮による運動範囲は小さくなってしまいます。例えば、膝を伸ばす動作は太もも前側の大腿四頭筋、曲げる動作は裏側のハムストリングスの運動によって可能となっていますが、筋肉が硬くなると膝の可動域制限が生じます。スポーツ障害として多い腸脛靭帯炎や膝蓋靭帯炎なども、うまく筋肉が機能していないため負担が患部に集中していることが原因のひとつに考えられます。つまりストレッチの目的は、筋肉の柔軟性を高め、本来の機能を取り戻すということです。
ひざ痛チャンネルではストレッチやトレーニングの他、膝まわりの痛みを和らげるマッサージなども併せて紹介。どれも当院のリハビリでメディカルトレーナーが指導している方法ばかりです。鍛えるべき筋肉とその理由だけでなく、動画で具体的な方法もご紹介しているので、ぜひご活用ください。

膝痛のストレッチ・トレーニングに関するおすすめ記事

膝痛のストレッチ・トレーニングについての記事をもっと見る

変形性膝関節症

変形性膝関節症

立ち上がる時に膝がこわばる、歩き出すときに膝が痛い、階段の下りがつらい、膝を動かしたときにギシギシやミシミシといった音がする、膝裏の違和感からしゃがみづらい。こんな症状に心当たりはありませんか? これらはすべて、変形性膝関節症の初期、もしくは予備軍に見られる症状です。
変形性膝関節症とは、関節表面の軟骨がすり減り、その影響で関節内側の滑膜(かつまく)という組織が炎症することで膝に痛みが生じる疾患。炎症を抑えるために滑膜から分泌される関節液の中には、軟骨を壊す酵素成分も含まれており、放置するとさらに軟骨のダメージは大きくなり、またその影響で炎症が強くなるという悪循環を生み出します。こうして悪化していくと、半月板(大腿骨と脛骨の間に存在する三日月型の軟骨組織の板)がつぶれてしまったり、軟骨だけでなく骨自体がぶつかり合うようになって関節が変形してしまうことも。はじめは先にあげたような違和感の範囲でも、生活がままならないほどの膝の痛みにまで進行してしまう病気なのです。
50代以上に多い疾患で、加齢による軟骨の衰えや筋力低下が深く関係していると考えられていますが、原因はそれだけではありません。若くても運動不足であれば発症することも。逆に、激しい運動で膝関節を酷使している場合にも起こり得ます。その他、肥満やO脚、女性ホルモン、遺伝子など、複数の要素が関係しているのが変形性膝関節症です。そのため、できるだけ進行しないようにするためには、原因を知ること、膝の状態にあった治療を選択することが重要。その点で、有意義な情報をご提供できる

変形性膝関節症に関するおすすめ記事

変形性膝関節症についての記事をもっと見る

膝の治療・手術

膝の治療・手術

膝の痛みの治療において重要なのは、原因を見極め、膝の状態に合った方法を選択することです。整形外科を受診した場合、まず問診や診察、必要に応じて検査を行い診断を出します。外傷の場合、損傷した位置や状態次第では、はじめから手術を勧められることもありますが、基本的には多くの疾患において手術以外の保存療法が第一選択に。生活習慣の指導や運動療法を基軸とし、痛みの度合いに応じてロキソニンのような鎮痛消炎薬の服用や外用、ヒアルロン酸やステロイドなどの関節内注射、電気や超音波を用いた物理療法などを行います。そして、これらで改善効果が得られない場合に手術が検討されますが、最近ではその間の治療法として、再生医療をはじめとする先進的な治療法を扱う病院も以前より増えてきました。

  • 外傷の応急処置

    スポーツ時や事故によるケガなどの場合に行うのが、RICE(ライス)という、対処法の頭文字をとった応急処置です。まずは安静(Rest)。次に、炎症や腫れの緩和のための冷却(Ice)。また、出血を抑えるための圧迫(Compression)も行います。そして、患部への血流を少なくして落ち着かせるため挙上(Elevation)。このような処置を行い、速やかに病院を受診しましょう。

  • 変形性膝関節症の手術

    変形性膝関節症の手術は、1~4からなるレントゲンでのグレード評価でグレード3以上、もしくは運動療法や関節内注射などを6か月行っても改善が見られない場合などに検討。軟骨のけば立ちや炎症を起こした組織の切除を行う「関節鏡視下手術」、O脚など関節の変形を調整する「高位脛骨骨切り術」、そして関節をインプラントに置き換える「人工膝関節置換術」の3つがあります。

膝の治療・手術に関するおすすめ記事

膝の治療・手術についての記事をもっと見る

新着記事一覧

ひざ痛チャンネル編集部

変形性膝関節症の痛みはなぜ起きる?改善のために取るべき行動とは

2018-10-26

変形性膝関節症の痛みはなぜ起きる?改善のために取るべき行動とは

変形性膝関節症の痛みをあきらめないでほしい、これが医師の想いです。そのためにも、まずは痛みの原因と、あなたの痛みがどういったものなのかを知る必要があるでしょう。この記事では、原因・…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部

変形性膝関節症のマッサージの意外な目的〜マッサージ法も紹介〜

2018-10-12

変形性膝関節症のマッサージの意外な目的〜マッサージ法も紹介〜

変形性膝関節症の痛みを始めとする厄介な症状。当院に来院される患者さまの多くも、日常生活に不自由や辛さを感じています。そんな変形性膝関節症の諸症状を少しでも緩和するために考えるのが、…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部

【医師の見解】変形性膝関節症の痛みを緩和する注射の今とこれから

2018-10-05

【医師の見解】変形性膝関節症の痛みを緩和する注射の今とこれから

膝の痛みで病院に行くと、変形性膝関節症と診断された。そういった患者さんに施される保存療法(手術以外の治療法)の代表とも言えるのが、注射による治療です。ただ、とても一般的な治療法とい…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部

サインは膝の内側の痛み。早めの治療が肝心な「変形性膝関節症」とは

2018-09-27

サインは膝の内側の痛み。早めの治療が肝心な「変形性膝関節症」とは

膝に痛みを感じるようになって久しい。少しずつ痛みが強くなってきたかもしれない。そんな方はいませんか? そしてその痛みが膝の「内側」だったら、要注意。変形性膝関節症という疾患の可能性…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部

【専門家が考える】変形性膝関節症に悪い体操と良い体操

2018-09-14

【専門家が考える】変形性膝関節症に悪い体操と良い体操

健康のために毎日体操をしている。この記事を読んでいる人の中には、そんな人もいるのではないでしょうか? でも変形性膝関節症を患う人や高齢者の方は、膝の健康にとってはどうなんだろう? …

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部

【変形性膝関節症には運動OK】その効果は薬レベルという研究報告も

2018-09-06

【変形性膝関節症には運動OK】その効果は薬レベルという研究報告も

「変形性膝関節症には、運動が効果的」と聞いたことがあるけど、なぜ運動が大事なの? 本当に運動してもいいの? と半信半疑な人も多いのではないでしょうか? 先に答えをお伝えすると、変形…

続きを読む >>

ひざ痛チャンネル編集部

横田医師に聞く「手術せずに良くなりたい」は変形性膝関節症で叶うのか

2018-08-31

横田医師に聞く「手術せずに良くなりたい」は変形性膝関節症で叶うのか

変形性膝関節症が進行してしまったけど、手術は受けたくない! すでに医師から手術を勧められているけど、手術以外の治療法をあきらめきれない! ……そんな方、多いのではないでしょうか? …

続きを読む >>

情報提供者について

「整形外科専門医が教える、ひざ痛チャンネル」では、変形性膝関節症を中心に膝の痛み治療に特化したひざ関節症クリニックの医師が、情報提供を行っています。

ドクター情報

  • 服部 麻倫

    服部 麻倫

    銀座院院長。一般整形からスポーツ選手のケガの治療まで、前職では整形外科分野における幅広い診療を経験。トータルケアを重視しており、受傷後の治療はもちろん、フィールドでの予防医学から治療後のリハビリまでを一貫して行い、活躍を見届けるスポーツドクターを理想とする。

    <資格・免許>医師免許(医籍登録番号421466)
    日本整形外科学会認定 専門医
    日本整形外科学会認定 リウマチ医
    日本体育協会認定 スポーツドクター

    <担当院>東京ひざ関節症クリニック 銀座院東京都中央区銀座5-3-12 壹番館ビル 7F
    0120-013-712

  • 横田 直正

    横田 直正

    新宿院院長。リウマチを中心に、関節外科手術や論文も数多く手掛けてきた実績を持つ。現在は再生医療をはじめとする、先進的な治療に注力。先進的な医療に精通していても、痛みのある関節は必ず優しく触れるといった、基本を忘れない“名医を目指す良医”であろうと心掛けている。

    <資格・免許>医師免許(医籍登録番号404719)
    日本整形外科学会認定 専門医
    日本リウマチ学会認定 専門医日本医師会認定 産業医

    <担当院>東京ひざ関節症クリニック 新宿院東京都新宿区西新宿1-4-11 宝ビル9F
    0120-013-275

  • 大鶴 任彦

    大鶴 任彦

    大宮院院長。東京女子医大およびその関連病院で20年にわたり、下肢関節を専門に外来や手術に従事。東京女子医大整形外科では現在も非常勤講師を務める。学会での発表や学術論文の執筆にも精力的で、これまでに国内外合わせ、80件以上の有益な情報を世に発表した実績を持つ。

    <資格・免許>医師免許(医籍登録番号398936)
    医学博士(学位証明番号 乙第2899号)
    日本股関節学会学術評議員
    日本整形外科学会認定 専門医
    身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
    厚生労働省認定臨床研修指導医

    <担当院>大宮ひざ関節症クリニック埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-209 グランディ桜木ビル4F
    0120-137-061

  • 尾辻 正樹

    尾辻 正樹

    横浜院院長。手掛けた外科手術は延べ1000例、その大半で膝関節に携わってきた。変形性膝関節症の他、スポーツ外傷も数多く治療してきた経験を活かし、現在はJリーグ所属クラブにてチームドクターも務める。前職で靭帯炎に対するPRP治療を行ったことで、再生医療に関心を持つ。

    <資格・免許>医師免許(医籍登録番号450318)
    日本整形外科学会認定 専門医

    <担当院>横浜ひざ関節症クリニック神奈川県横浜市西区北幸 1-1-8 エキニア横浜 8F
    0120-013-506